メニュー

手術・麻酔の方法

手術は超音波で確認しながら、WHOが推奨する吸引式で行っています。掻爬と呼ばれる方法は、子宮の壁に傷がよりできやすく、将来の不妊の原因になるリスクがより高いといわれています。妊娠週数によっては、痛みを伴う頸管拡張をする必要がありませんので、寝ている間にすべて完了しています。

麻酔科を標榜しているように、麻酔は手術中に痛みがないよう、医療用麻薬のフェンタニルや全身麻酔で使用するプロポフォールを使用してしっかりと麻酔をかけます。もちろん、呼吸や心拍などの管理をきちんと行っています。手術後は、4時間程度経過をして、しっかり覚醒してからの帰宅になります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME