メニュー

更年期障害

更年期とは閉経前後の約10年間のことで、年齢でいえば45才頃から55才頃になります。これまで十分に分泌されていた女性ホルモンが急激に少なくなり、それに伴う様々な症状や自律神経の失調が現れますが、これを更年期障害といいます。

<更年期障害の症状>
自律神経系:ほてり、のぼせ、発汗、めまい、動悸、しびれ感
精神神経系:頭痛、不眠、うつ状態、イライラ、物忘れ
筋骨格系 :肩こり、腰痛、関節痛、骨粗鬆症
泌尿器系 :萎縮性腟炎、尿失禁、性交痛
心血管系 :高血圧、高脂血症など
異常出血 :不正出血、稀発月経

<治療法>
ホルモン補充療法が最も効果がありますが、乳がんや子宮内膜癌、血栓症の既往がある方などは投与できません。症状に対して自律神経調整薬や抗うつ薬、抗不安薬、骨粗鬆症の治療薬、漢方薬、プラセンタ療法などで対応致します。カウンセリングや定期的な運動、バランスのよい食事も有効です。

<治療効果>
自律神経系:脳の視床下部は体温や発汗などを調節する自律神経だけでなく、女性ホルモンの分泌もコントロールしていますが、女性ホルモンの分泌が乱れるとその影響が自律神経まで及び、ほてりや発汗、冷えなどの症状が出ると言われています。ホルモン補充療法はこれらの症状にとてもよく効きます。

不眠:ほてりやのぼせなどの症状で寝付けなかったり熟睡できない場合には、そのような症状がなくなることで改善します。

集中力の低下、うつ状態が回復します。定期的な出血を起こしている場合は脳血流が保たれ、アルツハイマー病のリスクが低下すると言われています。

肌のハリや髪の毛のつやを保ち、性器の萎縮で起こる腟炎や性交痛が改善します。

血管のしなやかさが保たれ、動脈硬化症が予防できます。

関節の動きが滑らかになると、腰痛・関節痛などの症状が軽減します。また、筋肉の衰えを抑制する作用で肩こりにも効果があります。

骨が溶けるのが抑制され、骨量が維持されるため、骨粗鬆症による骨折を予防します。

骨盤底筋群体操と併用することで、尿漏れを改善する効果が期待できます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME