メニュー

月経移動

旅行やイベントを避けるために、いわゆるピルや黄体ホルモンで月経周期を調整することができます。

そもそも生理(消退出血)は十分な黄体ホルモンが急に減少することで発来しますが、女性ホルモンがしっかり作用している状態があってはじめて作用することが知られており、そのメカニズムが応用されました。

月経移動には早める方法と遅らせる方法がありますが、早めるためには十分な時間が必要です。また、しっかりと内服しないと、予定していた日程で生理にならないこともあります。月経を遅らせる方法の方が確実かもしれませんが、長期に内服しないといけなくなるかもしれません。特にフライトや脱水状態では血栓症のリスクもありますので、注意が必要です。

また、嘔気が強くて内服できない方もいらっしゃいますので、早めのご相談をお勧め致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME