メニュー

院長ブログ

Y染色体を喪失した細胞の出現と病気の関係(2022.04.30更新)
日本生殖医学会の学術誌は今年から年1回の発行になり、昨年にはインパクトファクター 3.239が付与され、国際的な英文雑誌として認知されるようになっています。 今回は、深見先生と宮戸先生によるミニレビ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME