メニュー

黄砂と常位胎盤早期剥離の関係

[2020.05.13]

 黄砂が飛来した1~2日後に、分娩前なのに胎盤が剥がれて母子ともに危険な状態になる常位胎盤早期剥離が増加する(1.6倍程度)という研究結果が昨年、東邦大学や九州大学、国立環境研究所のグループから報告されていました。実際、黄砂予報があった数日後に来院された妊婦さんが、常位胎盤早期剥離で緊急搬送となり、そのまま緊急帝王切開になってしまいました。まだまだ早い時期だったのに、非常に残念です。黄砂が舞うという予報が出ていますが、常位胎盤早期剥離の方が増えないことを祈っています。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME