メニュー

料金表(保険診療以外)

通常の保険診療を行っていますが、保険診療を希望されない場合や保険がきかない場合は以下の料金(消費税込)が別途かかります。なお、OC(低用量経口避妊薬)を初めて処方される際は、前述の診察料の代わりに2,200円がかかりますが、その後の診察料はお薬代に含まれます。緊急避妊薬を処方される場合にも、診察料はお薬代に含まれています。

<診察料>
初診自費診察料                      3,300円
再診自費診察料                      1,100円
初診自費診察料(時間外)※                3,960円
再診自費診察料(時間外)※                1,320円
※保険診療に準じて、平日18時以降、土曜日12時以降の受付には時間外診療料がかかります。
OC初回内服説明・診察料                2,200円


OC(低用量経口避妊薬)>各種OCの料金掲載は医療広告ガイドラインに抵触するので、詳しくはお問い合わせください。
OC初回内服説明・診察料(2回目以降はお薬代に含まれます)    2,200円
ピル血栓症リスク採血                    4,400円

緊急避妊>診察料はお薬代に含まれています
ヤッペ法   (旧来法:嘔気多い・妊娠阻止率8割未満) 5,280円
ノルレボ(日本製・第2世代・性交渉から3日以内)      15,950円
  ジェネリック(日本製)                10,560円
第3世代緊急避妊薬(海外製のみ・性交渉から5日以内)   10,450円(18才以下は8,800円)
  ノルレボと同様、嘔気・頭痛・消退出血がみられることがあります 
銅付加子宮内避妊具(ノバT)5年間避妊効果持続      38,500円 
  不正出血、腹痛、過多月経などが主な副作用です 

<月経移動>嘔気、乳房痛などがでることがあります    4,400円(診察料含む)

<予防接種>診察料も含まれています
風疹・麻疹混合ワクチン                 8,800円(公費対象では無料
                                                                                                                          もしくは3,300円)
インフルエンザワクチン                 3,850円
                                                   (横浜市在住65歳以上の方      2,300円 )
子宮頸がんワクチン(ガーダシル 4価)            17,600円(公費対象では無料)
子宮頸がんワクチン(シルガード9  9価)           25,000円

<自費検診>(別途、診察料がかかります。症状がある場合は保険診療になります)
乳腺エコー                        4,400円
3Dマンモ※                        13,200円
3Dマンモ※+乳腺エコー                  16,500円
※自費マンモグラフィー検査には遠隔読影による2重読影が含まれています。

子宮頸がん細胞診                     5,500円
子宮体がん細胞診                     8,800円
子宮頸がん細胞診+子宮体がん細胞診             12,100円
経腟超音波検査                      5,500円
経腟超音波検査+子宮頸がん細胞診             9,900円
経腟超音波検査+子宮頸がん細胞診+子宮体がん細胞診  15,400円
3Dマンモ※+乳腺エコー+
経腟超音波検査+子宮頸がん細胞診              26,400円

<ブライダルチェック> 検査項目を組み合わせて検査ができます。
例:子宮がん検診(横浜市)、超音波検査、貧血、糖尿病、
  甲状腺機能、B型肝炎、C型肝炎、風疹(横浜市)、
  麻疹、水痘・帯状疱疹、クラミジア          19,870円

<卵巣予備能検査> 
AMH:抗ミュラー管ホルモン                                                     6,600円

<不育症検査 各種>  お問い合わせ下さい。

<子宮内フローラ検査>次世代シークエンサーで子宮内細菌の種類や割合を解析します。
初回                              44,000円
2回目以降                                                                                   33,000円

<人工授精(AIH)>                                                      19,800円
出血、疼痛を生じる場合がありますが、多くの場合、安静や時間の経過によって軽減・消失します。 感染予防のため抗菌薬を投与しますが、感染の状態によっては、入院治療が必要になることがあります。

<メルスモン>更年期障害や乳汁分泌不全の方は保険診療で1回に1アンプル接種可能です。美容目的などの場合は自費(1アンプル1,320円)になります。1956年に承認以降、重大な副作用はありませんが、注射部位の疼痛・発赤・発疹が見られることがあります。

<エクオール検査>大豆の摂取でエクオールをどのくらい産生できるのかを判定します。
キット                            4,180円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME